ケロッパのケセラセラ/一覧

日常の何気ない風景や健康・医療について




[PR]



2009年01月20日(Tue)▲ページの先頭へ
有酸素運動とl-カルニチン
l-カルニチンを摂取し、かつ毎日継続して有酸素運動を行えば、脂肪燃焼効率は促進されます。l-カルニチンは、脂肪燃焼を促進する作用が期待できます。

l-カルニチンがダイエット商品によく使われるのは、脂肪燃焼を促進するl-カルニチンによって効率的なダイエットができることからです。

l-カルニチンはヨーグルト系の食品やソフトドリンクにもダイエット成分として入っていることがあり、無臭で水に溶ける性質が重宝されています。

また、l-カルニチンを飲むだけで脂肪が代謝されやすいと思わせるような書き方のサプリメントもあるようですが、摂取だけでは脂肪は燃えません。ダイエットを成功させるためには、l-カルニチンをただ摂取するだけではなく、l-カルニチンを利用しつつ有酸素運動で脂肪を燃やすべきです。

ウォーキングやダンベルなどの適度な有酸素運動の前にl-カルニチンを摂取することによって、脂肪の燃焼効率を向上させます。脂肪の燃焼効率は、体質によって異なりますが大体取り入れてから3時間後といいます。

生活習慣病は過剰な体脂肪が要因の1つになりますので、有酸素運動で脂肪を燃やすことは大事です。運動からの疲労回復に関しても、l-カルニチンの糖の分解補助作用が役に立つでしょう。

ボティビルダーやスポーツ選手は、筋肉痛や筋肉疲労の軽減のためにl-カルニチンを摂取しています。

毎日15分の有酸素運動とl-カルニチンの摂取により、余分な体脂肪を燃焼させ、ダイエット効果とともに、脂肪が燃焼しやすく太りにくい体を作ることを目指しましょう。



話題は変わりますがFX最近CMでよく目にしますね〜。
FXのお勧めサイト


2009年01月16日(Fri)▲ページの先頭へ
l-カルニチンの効果的な摂取方法
体内にl-カルニチンを摂取するいい方法は何でしょう。

肉類はl-カルニチンを豊富に含みますので、l-カルニチンを多く摂取したい場合は肉を食べればいいのですが、肉ばかり食べていては栄養が偏って健康維持に支障が出ます。

l-カルニチンを肉や貝類だけで摂取することは、不可能ではないかもしれませんが、かなり大量に食べる必要があるでしょう。

普段の食生活では効果的にl-カルニチンを摂取することは難しいので、l-カルニチンを継続して摂取するには、必然的にサプリメントを利用することになります。l-カルニチンを摂取して脂肪を燃えやすくしたいなら、朝ご飯の時に摂取すると効率的です。

l-カルニチンは、ただ摂取すれば即座に脂肪を燃やしてくれるというものではありません。適度な運動と組み合わせてはじめて脂肪は燃えるものなので、朝にl-カルニチンを摂り、その後の活動で脂肪を燃やしましょう。

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続して行うことで脂肪燃焼は促進できます。

コンビニやスーパーなどまで歩くなど、ちょっとした機会に運動をしましょう。ビタミンB1とl-カルニチンを合わせて摂取することで、効果を高めることができます。継続して取り組まなければ、l-カルニチンで脂肪の燃えやすい体にはなりません。

どんなに短くても、20日程度は続ける覚悟で取り組むことで、何もしなくても脂肪が燃えやすい体質になれます。

脂肪の蓄積されにくい体質になるために、l-カルニチン摂取と運動を続けましょう。

寝ている時でも脂肪が燃える体質を作ることができれば、ダイエットをうまく軌道に乗せることができます。

仮性 | 佐賀大学医学部 | 包茎 | カントン包茎



2009年01月10日(Sat)▲ページの先頭へ
l-カルニチンの効果的な摂取方法
下腹の脂肪が気なる人には、腹やせダイエットがおすすめです。女性の場合、大事な子宮等を守る為に下腹に脂肪がつきやすい体質を持っています。

腹やせに効果的だからと苦しくハードな腹筋運動などをしてもなかなか長続きできないもので、そんな無理な運動を目指すよりは、もっと楽にできる下腹ダイエットを行って腹やせを実現することも可能です。下腹の腹やせダイエットの方法は、見た目はシェイプアップ出来るし、お腹まわりの代謝が良くなって脂肪が燃えやすくなるのがメリットです。

腹やせダイエットでは下腹の筋肉をつけることができて、太りにくい体質になるわけです。ただひとつ注意したいことは、お腹のまわりの筋肉は、立っているときはほとんど使われないという点で、そのため普段の生活から気をつけるようにして、常にお腹に意識的に力を入れるようにするといいでしょう。

1週間毎日忘れず実践するようにすれば、効果を実感できるでしょう。机といすを使い、簡単にできる下腹の腹やせダイエットがあります。

いすと机の間に少し間隔をあけて、いすに浅めに座ってから足を組み両手を机の上に置きます。少し背中を丸め、両手は机の上でふんばり、足を組んだままでゆっくりと胸のほうに引き上げます。

太ももをお腹につくまで引き上げたら、ゆっくり戻すという動作を、足を組みかえながら10回ほど行います。無理して苦しいダイエット運動を行うのではなく、簡単にできる腹やせダイエットをこつこつ行うことが、下腹ダイエット成功の秘訣でしょう。



   


keroppaの自由文言1


keroppaの自由文言2

カレンダ
2017年6月
       
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ
2009年 (3)
1月 (3)

アクセスカウンタ
今日:2
昨日:3
累計:6,993